補整下着と体型の悩み

補整下着は骨盤の歪みなど産後の体型の悩みを解消できる

補整下着は骨盤の歪みなど産後の体型の悩みを解消できる

産後の女性は、骨盤の歪みや体型の崩れなどの悩みを抱えやすいものです。
産後の体型の崩れや骨盤の歪みに補整下着が効果的と言われています。

産後に補整下着がおすすめな理由や産後の補整下着の選び方などをご紹介します。

産後には多くの女性が骨盤の歪みを経験します

産後には多くの女性が骨盤の歪みを経験します女性は、骨盤の歪みが起こりやすくなっています。
毎月の月経によって、骨盤は絶えず開いたり閉じたりしているので骨盤の歪みは常に起こりやすいのですが、出産する時には骨盤が大きく開いて胎児が産道を通るため、産後には多くの女性は骨盤の歪みを経験します

産後の骨盤の歪みを放置してしまうと、下半身が血行不良になりやすく、体型が崩れてしまったり下半身デブの原因となってしまいます。
骨盤の歪みや産後の体型の崩れは、いろいろな方法で解消できます。

しかし、産後は慣れない育児で忙しいですから、できるだけ時間をかけずに簡単に出来て、それでいて大きな効果を得られる方法が便利です。
補整下着なら、ただ着ているだけで産後の体型の崩れや骨盤の歪みをスッキリと解消できます

産後の体型や骨盤の歪みにおすすめの補整下着の選び方

産後の体型や骨盤の歪みにおすすめの補整下着の選び方補整下着は、どんな目的でつける際にも、自分の体型にフィットすることが基本となります。
体型に合わない補整下着を着ていると、お肉を寄せて定着させる効果が半減してしまいますし、骨盤の歪みを矯正する効果も低くなってしまいます。

体型にしっかりとフィットする補整下着を選ぶために、最初は採寸をした上で補整下着を購入するのが基本です。
しかし、産後すぐの場合、まだ体型が自然に戻っていないことが多く、お腹の部分をニッパーなどでギュッと締めすぎるのはあまり良くないので、補整下着の中でも産後用のものを選ぶと良いでしょう

産後用のものは強めのゴムが入っていて、体型に合わせて無理なく締められるというのが特徴です。
骨盤の歪みや体型の崩れも、産後用の補整下着を使うことによって少しずつ改善できるでしょう。

また、帝王切開で出産した人の場合には、傷口がシッカリ癒えるまでは、いかなる締め付けも厳禁です。
まずは、産後の傷口をいやすことに専念して、その後ゆっくりと骨盤の歪みや体形の崩れを改善しましょう。

既に産後から年月が経過している人は、産後用の補整下着ではなく、採寸をした上で自分の体型に合わせた補整下着を選ぶことをおすすめします。
子宮の大きさが元に戻っているので、お腹周りについているお肉は自然に落ちてくれることはないでしょうし、骨盤の歪みや体型の崩れも、放置しても自然に改善できない状態に定着しています。

この場合には、しっかりと補整下着を使って骨盤の歪みを矯正し、下半身デブにならないようにすることで、体型の崩れを効率的に改善することにつながります。

産後には補整下着以外にもできることにトライしよう

補整下着は、産後の体型の崩れや骨盤の歪みに大きな効果がありますが、補整下着以外にも産後にできることはたくさんあります。
例えば、家の中で簡単にできる方法だとフラフープがあります。

プラスチックのフラフープを腰に引っ掛けて、右回りと左回りに腰をグルグルと回転させるだけの簡単な動きですし、場所も取らなければ音も出さないので、産後なら赤ちゃんがお昼寝している時にサッとできるのではないでしょうか。
フラフープの動きは骨盤の歪みを矯正する効果があるため、産後のエクササイズとしても勧められています。

補整下着をつけた状態でももちろんできますし、ぜひ補整下着と併用して実践してみてください。
出産によって骨盤が開き、うまく閉じないまま開いた部分に脂肪が入り込んでしまうと、骨盤の歪みを矯正するのに時間がかかってしまいます。

この場合、脂肪を燃焼することで骨盤の歪みを矯正でき、それが体型の崩れを防止する効果につながるので、脂肪をしっかり燃焼できる体質づくりを心がけると良いでしょう。
例えば、体を冷やさないように心がけたり、ストレッチなどを取り入れて体の内側を温めてあげる簡単なエクササイズを実践するなど、方法はたくさんあります。

補整下着の中には、ダイエット効果が高いものもあるので、補整下着を上手く選ぶと同じ期間の補整下着の使用でも、大きな体型改善効果を得られるでしょう